ふくらみ

膨張し続けている

ウルトラファイト放送順の考察:本放送/再放送と福島県1971年放送

52年目に入ったウルトラファイトがまだまだ熱い。2021年にはセブンガーファイト、グリッドナイトファイトという新作が生まれたうえ、ギャラクシーファイトシリーズもつい先日、2022年4月から3作目の公開が決まった。

ところでご本家ウルトラファイトには、まだまだいくつもの大きな謎が残されていることをご存知だろうか。

放送されてから50年も経つ番組に謎なんて、と思うかもしれないが、そうなのである。本ブログではそうした謎のうち、撮影順着ぐるみロケ地の変遷造成地の所在について考察を行ってきた。

しかし、まだまだ謎は多く残る。なかでも大きな謎として残されているのは、放送順である。

そう。実は、ウルトラファイト何話が何年何月に放送されたのか、確実なことがわかっていないのだ。後述するが、様々な先行研究により、ある程度信頼できる「放送リスト」が作成されてきた。だが、放送期間の全体にわたる直接的なデータは未だ発見されていないのが現状である。また、1970~71年の本放送はともかく、1971年3月末以降の再放送や地方局の放送ではどのような順番が採られたのか、やはり確実な情報はない。

※本放送・再放送等の日程はこちらを参照→ウルトラファイト雑考番外地:放送情報・人名録・文献案内 - ふくらみ

本記事では、まずこれまで知られてきたデータや状況証拠を検討し、本放送と再放送の放送順について可能な限り考察する。さらに、今回福島県いわき市の夕刊紙『いわき民報』から手がかりを得て、まとまった放送リストを作成するとができた。以上により、本放送・再放送・地方局での放送の順番について、簡単な考察を行いたいと思う。なお、今回の考察は残された謎を全面的に解決しようとするものではない。紹介するデータによって後学に資することができれば幸いである。

  • 1. TBS本放送の放送リストとその問題
    • DVD-BOX放送リストの諸問題
  • 2.TBS再放送の順序と「ひばく星人」問題
  • 3.地方局における放送順
  • まとめと展望

続きを読む

ウルトラファイト軽井沢編のロケ地について

f:id:tfukumachi:20210125162859p:plain

2022年。

いやーなんというか、あっという間にウルトラファイト50周年イヤーが過ぎていきましたね(イヤーだけに)。まだまだ50周年は終わりません。TBSでの再放送が終わった1972年3月末から50年となる、今年の3月まで闘いは続くのです。

さて去年はウルトラファイトを改めて考察して、ロケ地についても(特に造成地)取り上げました。

fukurami.hatenablog.com

そこで大きな謎として残していたのが、軽井沢編のロケ地

ご存知のようにウルトラファイトでは制作№151から№170にかけての20本を、東京を遠く離れた軽井沢で撮影しています。しかし管見の限り、過去のロケ地考察でも具体的な撮影地までは特定されていないように思われます。

ということで特定しました。

目次

  • 目次
  • はじめに
  • ロケ地の分類
  • ⓪碓氷第三橋梁
  • ①草地
  • ②岩場
  • ③雪原
  • ④砂地
  • おわりに

続きを読む

【レビュー】ウルトラパンケーキ ~ウルトラマンZとゼロの顔のパンケーキが焼ける機械~

皆さん、パンケーキが至高にして究極、パンケーキなくして世界はないことを知っていますか?

それはさておき、こんなものが発売されました。

「ウルトラパンケーキ」

f:id:tfukumachi:20220128224802j:plain:w400
円谷プロ公式サイトより引用*1

なんとこのマシンがあるだけで、ウルトラマンZとウルトラマンゼロの顔をしたパンケーキを、いくらでも焼くことができるんだそうです!!

そのお値段、たったの税込7,678円!!! ………ちょっと尻込みする価格ですが、これは買わなくてはいけません。なぜなら私は特撮同人サークル「パンケーキ神殿」の主だから……。

そういうわけで、ツブラヤストアの先行販売で買いました。送料込で8,000円を超えるので、皆さんはヨドバシとかで買いましょう。

パンケーキメーカー ウルトラパンケーキstore.m-78.jp

以下、レビューです。

  • 内容とサイズ感
  • 調理していくぞ
  • アレンジレシピ①ダークネスパンケーキ
  • アレンジレシピ②ホットサンドもどき(失敗)
  • 実食
  • 片付け
  • おわりに
続きを読む

ウルトラマントリガー考察~明かされた謎と明かされなかった謎~

スマイルスマイル!

ウルトラマントリガー、終わりましたね。去年にも増してレベルアップした特撮映像には毎週楽しまされました。

それはさておき始まった時から賛否両論というレベルじゃない感じで、まあ詳しくは書きませんが、ティガの真髄を継げたかどうかという部分で極めて意見が別れていたようですね。知らんけど。

正直自分もその点で言えばトリガーに乗り切れない部分はあったのですが、

しかし

「トリガー」という作品そのものに真面目に向き合ったならばどうなのか。ティガとの比較では見えてこない、何らかの面白さが、もしかしたら見えてくるのではないか。

そういう思いで、最終回前の一週間を費やして、一話から真面目に見直し、考察しました

というわけで、以下ではトリガーという作品に散りばめられた謎を一問一答形式で考察してゆき、どの謎が明かされたのか、あるいは明かされなかったのかを考えてゆきます。

それぞれの疑問については、解明(物語内で説明された)・考察可能(物語の描写から推定できる)・未解明(わからん)に分類し、どれだけ謎が解明されているかを明らかにします。

なお、ティガとの比較をしないという観点から、例えばなんで邪神の住んでいる遺跡の名前が「希望」なのか、とかそういう疑問は一切考察しません

2022.03.18追記:劇場版エピソードZ、面白かったですね!(皮肉じゃなく本当に面白かった) いくつか謎が説明されたので追記しています。

  • 年表
    • 超古代
    • 現代
    • Q1.なぜ今、物語がはじまったのか
  • 基本設定について
    • Q2.石板の内容はどんな感じ?
    • Q3.闇の巨人って何者?
    • Q4.闇の巨人の目的は?
    • Q5.ヒュドラムはなぜリシュリア星を滅ぼしたの?
    • Q6.ユザレは何者?
    • Q7.じゃあ「地球星警護団」って?
    • Q8.ユナの覚醒とは何か
    • Q9.エタニティコアって何?
  • ウルトラマントリガー関係
    • Q10.スパークレンスって何?
    • Q11.ハイパーキーでタイプチェンジできるのはなぜ?
    • Q12.サークルアームズの出どころ
    • Q13.ケンゴが見ていたイメージは何?
    • Q14.ユザレの「あなたは光であり……」って?
    • Q15.トリガーはなんで火星にいたの?
    • Q16.なんで火星に遺跡が存在するの?
  • シズマ会長とGUTS-SELECT関係
    • Q17.スマイルスマイルは誰が言い出したのか
    • Q18.シズマ会長はティガ世界のいつ頃から来たのか
    • Q19.19話のティガは何?
    • Q20.シズマ会長はトリガーのことをどこまで知っていたのか
    • Q21.ナースデッセイは誰が命名したの?
    • Q22.シズマ財団はどうやって10年であそこまででかくなったの?
  • トリガーとは一体何なのか――分裂の真相と11・12話で起きたこと
    • Q23.11話でカルミラは一体何をしたの?
    • Q24.11話のトリガーは何故トリガーダークに変貌してしまったの?
    • Q25.なぜトリガーダークは暴走したの?
    • Q26.ケンゴがトリガー自身ってどういうこと?
    • Q27.過去のケンゴと未来のケンゴが融合したのは何なの?
    • Q28.なんで12話でトリガーは二人に増えてしまったの?
    • Q29.なんで過去に飛ばされたの?
    • Q30.なんで現代に戻ってこれたの?
    • Q31.なんでユザレは消えたの?
    • Q32.なんでトリガーまで石化したの?
    • Q33.なんでケンゴはトリガーから分かれて人になったの?
    • Q34.トリガーダークがイグニスと合体したのは何故?
    • Q35.歴史改変はあったの?
  • その他もろもろ
    • Q36.イグニスの目的は何?
    • Q37. 9話のパワードダダの目的は何?
    • Q38. 15話で人間態カルミラが侵入した理由
    • Q39. 17話でなぜケンゴはいきなりガッツファルコンを操縦できたの?
    • Q40.キリエル人の目的は何?
  • まとめ
    • 参考文献
続きを読む

【C99告知】平成ゴジラの漫画とアメコミを解説する本の下巻もできた

メリークリスマス! 今年もヤバかったですね! 有馬記念はエフフォーリアくんのおかげで1000円くらい儲けました。

さてそれはそうと、C99です。コミックマーケット99です。まさか「C99告知」というタイトルを書けるまでこんなにかかるとは。

というわけで、C99の告知していくぞ!!!

目次

  • 下巻目次
  • 内容紹介
    • ダークホース社のアメコミ・ゴジラ
  • 頒布情報
  • 『新世紀ゴジラ 漫画・アメコミ完全解説』も改訂再版!

f:id:tfukumachi:20211224195434j:plain
新刊の表紙

新刊、そのタイトルは……

『平成ゴジラ 漫画・アメコミ完全解説()』!!

夏の資料性博覧会で出した本の下巻にあたります。上巻はこちら↓。在庫はまだあります。

fukurami.hatenablog.com

姉妹誌もよろしく。
【C96告知】ミレニアムゴジラの漫画・アメコミを総解説する同人誌書きました - ふくらみ

前回はいわゆる平成ゴジラの前半、ゴジラ1984)からゴジラVSモスラ(1992)の時代を扱いましたが、

今回はその後半、ゴジラVSメカゴジラ(1993)からゴジラVSデストロイア(1995)、さらに、平成モスラ三部作(1996~1998)までを 日米にまたがって 取り上げてゆきます!

下巻目次

下巻はこのような感じ。

Chapter 4:平成ゴジラコミカライズ [Part 2]

Chapter 5:ダークホース・ゴジラ [Part 2]

  • Godzilla, King of the Monsters 〈Ongoing〉[Kevin Maguire ほか|1995-1998]
  • Godzilla VS. Hero Zero[Michael Eury ほか|1995]
  • Godzilla's Day[Ed Brubaker ほか|1996]
  • The Origins of Species[Randy Stradley ほか|1996]
  • Godzilla, King of the Monsters: Monster Island Unleashed[Brian Weinstock ほか|1994]

Chapter 6:平成モスラコミカライズ

コラム

日米あわせて20作品を紹介します。上巻もあわせれば43作品。15年間で43作ですよ、すごい時代だ……

というわけで日本におけるコミカライズを媒体別に全網羅、それぞれの性格の違いや、掲載時と単行本収録時の差分を紹介。

さらにアメリカ・ダークホース社から発行されていたアメコミ、さらにゴジラギャグ漫画まで。コラムでは小説類メイキング漫画まで。

この一冊で、平成ゴジラ・コミックのすべてを完全解説!

f:id:tfukumachi:20211225011747j:plain
川石てつや『ゴジラVSメカゴジラ』(講談社コミックスボンボン、1993年)p.68より

完全に格闘マンガと化しているコミカライズや、ゴジラVS巨大プレデター、あの人気漫画の番外編など、想像を超えるゴジラ・コミックの世界を、下巻でも紹介していきます。

B5判本文50頁、頒布価格は500円の予定です。

以下、簡単な内容紹介。

続きを読む

Twitterに投稿可能なURLは最長で何文字か

ツイッターといえば140文字*1しか投稿できないことで有名ですが、その例外として、ツイートに含まれるURLがあります。

通常、ツイート中のURLはhttps://t.co/iXo3yzqwxfのように公式のURL短縮サービスで短縮され、URLが何文字だろうと、23文字としてカウントされます*2

ん? 今「何文字だろうと」って言ったよね?

じゃあその上限はいったい何文字までなんだ、ということを検証しました。

続きを読む

【資料性14】平成ゴジラの漫画とアメコミを解説する本の上巻ができた【告知】

みなさんおはようございます。元気が一番ですね! 自分はといえば最近はゲームの影響で畜産行政に貢献したりする日々です。

さてなんとかいう国際的なイベントも終わったので、夏の新刊の告知です。

f:id:tfukumachi:20210809175556p:plain
新刊の表紙

新刊のタイトルは――そう、

『平成ゴジラ 漫画・アメコミ完全解説(上)』!!

ゴジラシリーズを、そのメディアミックスの一端――特に幼年層へのアピールを主眼とした「漫画」という媒体から捉えてゆく本です。

以前発行した新世紀ミレニアムゴジラ 漫画・アメコミ完全解説』の続編で、今度はゴジラ』(1984)からゴジラVSデストロイア』(1995)までの平成シリーズ、その前半を取り上げます。 fukurami.hatenablog.com

上巻の目次

分量の都合から、平成シリーズを上・下巻に分けて紹介します。

今回発行する上巻では、ゴジラ』(1984)からゴジラVSモスラ』(1992)までの時期*1に発表された、平成ゴジラを原作とする漫画作品と、新作のゴジラ漫画作品を、日米にまたがって紹介します。

まずは上巻の目次から。

第1章:平成ゴジラコミカライズ [Part 1]

第2章:ダークホース・ゴジラ [Part 1]

  • Godzilla, King of the Monsters[Randy Stradley, Steve Bisetteほか|1987年]
  • Godzilla[Iwata Kazuhisa|1988年]
  • Godzilla VS. Gekido-Jin[Arthur Adams & Randy Stradleyほか|1992年]
  • Godzilla: Blast from the Past[Randy Stradleyほか|1993年]
  • Godzilla VS. Barkley[Mike Baron, Jeff Butlerほか|1993年]

第3章: オリジナルなゴジラたち

コラム

日米あわせて、なんやかんやで23作品!! ミレニアム期(17作品)を優に超す大分量

日本におけるコミカライズを媒体別に全網羅、それぞれの性格の違いや、掲載時と単行本収録時の差分を紹介。

さらにアメリカ・ダークホース社から発行されていたアメコミ、さらにゴジラギャグ漫画から漫画アンソロジー少年漫画など、

コミカライズに収まらない多種多様なゴジラ・コミックを完全解説!

ゴジラ大魔神ゴジラ忠臣蔵ゴジラVSトップガンゴジラVSバスケ選手!

f:id:tfukumachi:20210810002959j:plain
ゴジラ大魔神!? ("Godzilla Color Special" Dark Horse Comics, 1992より)

なんじゃそりゃ!? となってしまう日米の恐るべきゴジラワールドを堪能ください。

B5判54ページ、頒布価格は500円を予定しています。

以下、簡単な内容紹介(のようなもの)。

*1:正確に言えば、『VSメカゴジラ』直前まで

続きを読む